マルチメディアクリエイターを目指すには

どうやってなるのか

必須ではありませんが、やはり専門の学校で知識を得ること、そして関連の資格を取得することがマルチメディアクリエイターになるための近道だと考えられます。
専門的な学びや技術を必要としますので、専門学校に通うのが一般的な手段です。
ただし、将来的にどのような会社でクリエイターとして働きたいのか、どういったマルチメディアを専門としたいのかによって、極めるべきものは変わってきます。
ここでは、マルチメディアクリエイターを目指す方に関連のある学校の種類をご紹介したいと思います。

いくつか主なものを挙げるとするならば、美術大学専門学校、デザイン専門学校、IT・情報技術専門学校などでの学びが可能です。
もし目標とする人物がいるのならば、その人の経歴を調べてみるのもひとつの方法です。

資格は必要なのか

資格についても、必須ではありません。
しかし、マルチメディアクリエイターとして会社に就職するにせよフリーで活動するにせよ、資格を取得していて損はありません。
就職する場合には、採用試験でのアピールポイントになることもあるでしょう。
フリーで仕事をする場合、実績が1番ではありますが、それがまだ伴わないのであれば、資格の有無で周囲との差をつけるしかありません。

マルチメディアクリエイターとして活躍するために役立ちそうな資格は、次のとおりです。
ここではCGクリエーター検定、CGエンジニア検定、マルチメディア検定の3つを挙げておきますが、その他、自身の専門としていきたいものに応じて使えそうな資格はないか考えてみると良いでしょう。


この記事をシェアする
ツイート
いいね
B!はてブ
△ ページTOPへ