マルチメディアクリエイターとは

マルチメディアクリエイターって、一体何をしている人たちなのでしょうか? 耳にすることはあっても、なかなかその実態が分からないという方も多いのではないでしょうか。 どのようなところで、どのように活躍しているのかなど、主な仕事内容について調べてみました。

具体的な仕事内容

マルチメディアクリエイターという職業をご存知でしょうか?
なんとなく聞いたことがある、という程度の方が多いかもしれません。
しかし、この現在の高度情報化社会において、これからますます需要の高まる職業だということは間違いありません。

そもそも「マルチメディア」とは何を指すのか、簡単に言うならば複数のメディアを一体化し、双方向でのやり取りを可能にしたものです。
ここで言うメディアとは、例えばTV、電話、新聞、雑誌、DVD、ゲームなどです。
数値や文字、さらに音楽や音声、画像や映像といった情報を、コンピュータ処理して様々な作品を「クリエイト」するのがマルチメディアクリエイターです。

マルチメディアを動かすのに必要なソフトウェア作成の企画から制作、完成までを行う、もしくは指揮するのが主な仕事です。
映像作品に音楽や文字などを組み合わせたマルチメディア作品を制作したりします。
幅広い解釈があり、例えばCGアーティスト、パソコンゲームやアニメーションのビジュアルクリエーターを指す場合もあります。

国家資格がある職種ではありませんので、よくライターやクリエイターは自分で名乗ればすぐになれるなどと言われたりしますが、そんなに甘いものではありません。
実力が実績が重要視される仕事ですし、特にマルチメディアの情報は日々進化しているといっても過言ではありません。
常に学び続けることやセンスを磨き続けることが必要とされます。
ただし、これからの活躍が期待される仕事ですので、気になる方はまずこのサイトでマルチメディアクリエイターという仕事について知っていただければと思います。

マルチメディアクリエイターを目指すには

では、マルチメディアクリエイターになりたければ、何を学び身につける必要があるのでしょうか? どのような資質、資格が必要なのか、専門に学べる環境はあるのかなどについてまとめています。 少しでもこの仕事に興味があれば、ぜひ参考にしてみてくださいね。

どれぐらい稼げて、どんなやりがいがあるのか

字面から、なんとなく高収入が得られそうなイメージもありますが、実際のところはどうなのでしょうか? 業務に見合っただけ稼げるようなものなのか、また、どういったところにやりがいが感じられる仕事なのかなど、実際に働く人の声をもとにまとめてみました。

△ ページTOPへ